バックライトパネルに印刷したいデータのファイル形式

LEDバックライトパネルは、飲食店をはじめ商業施設や展示会など様々な場所で活用されています。不特定多数の方が見る場所に設置する場合は綺麗なパネルにするためにも、適したファイル形式で画像データを保存し印刷する必要があります。
こちらでは、バックライトパネルに印刷したいデータのファイル形式についてご紹介致します。

ファイル形式の種類

画像で使うファイル形式は、一般的にJPEG(.jpg)やTIFF(.tiff)、BMP(.bmp)などがあります。また一部のデジタルカメラでは写真をRAW形式で保存する事も可能です。このファイル形式では、圧縮は使用されないのでホワイトバランスや鮮鋭化はされません。RAW形式のファイルには色々な種類があり、カメラの種類によって異なる事があります。通常は、最高画質の画像ファイル形式で様々な写真用のプログラムでの編集が可能です。

画像保存に適したファイル形式とは

色々あるファイル形式の中でも、JPEG(.jpg)はデータを圧縮し高品質な画像を小さなファイルサイズに作成する事ができます。
そのため多くの場合に活用できる最適なファイル形式の種類といえますが、非常に高いレベルの画像が必要な場合はJPEG(.jpg)は保存や共有で使用した方がいいでしょう。画像を引きのばして印刷する場合、JPEGでは画像が荒れてしまうためTIFF(.tiff)形式やRAW形式での保存が適しているからです。どうしてもJEPGのデータを使用したい場合は、JPEG画像の圧縮をできる限り低い圧縮レベルで保存する事が大切です。

展示会にも最適な防水バックライトパネル

LEDパネルを使用してもポスターのできがいまいちでは意味がありません。ぜひLEDパネルに合わせてポスター作成にも力を入れてみませんか。エコサインストアでは、屋外でも使用する事ができる防水が施された、LEDバックライトパネルを通販にて取り扱っております。

バックライトパネルのポスターに適しているバックライトフィルムの出力も行っており、LEDに合わせた規格外の出力も承っております。LEDバックライトパネルの販売だけではなく、レンタルも行っておりますので、LEDバックライトパネルのご購入やレンタルなら、ぜひエコサインストアをご利用ください。

コンテンツ一覧

  1. 01.防水屋外用LEDパネル看板で宣伝効果を上げるには
  2. 02.LEDパネルに使用されるバックライトフィルムとは?
  3. 03.人気のバックライトパネルを使用したLEDパネル看板で集客効果を高める
  4. 04.LED看板で集客アップを狙おう
  5. 05.チャンネル文字やLEDパネルまでの看板の歴史
  6. 06.屋内、屋外にも防水LEDパネルの特徴
  7. 07.LEDの基礎知識
  8. 08.バックライトパネルに印刷したいデータのファイル形式
  9. 09.次世代照明として注目の高い「LEDパネル」のススメ
  10. 10.LED看板のチャンネル文字は書体の印象を考えよう
  11. 11.色が与える影響を知りLEDパネルを上手く使おう