チャンネル文字やLEDパネルまでの看板の歴史

技術の進歩に伴いチャンネル文字LEDを使用して、暗いところでも明るく目立つ高品質な看板やパネルが様々な分野で活躍しています。企業アピールをするために欠かせない看板ですが、いつ頃から活用されていたのでしょうか。

後の看板に繋がる標の誕生

奈良時代に入った頃に看板らしきものが誕生したといわれています。まだ看板と呼ばれていたわけではありませんが、商いをやっている店の目印として、標徴(文字を書き記した薄い木の札)が活用されていました。830年代に出された令義解には「凡市毎律立標題行名」とあり、市で商いを行う際は標(しるし)を掲げる事が義務づけられたのです。この標が後の看板に繋がったと考えられています。

平安時代頃から変化が生まれる

平安時代に入った頃から標だけでなく暖簾なども使われるようになり、鎌倉末期には初めて簡板(かんばん)と呼ばれるようになりました。この頃から屋号や商品名なども入れられるようになり、現在の看板としての原型ができあがったのです。看板という文字は、看(み)せるための板(いた)という意味があり、安土桃山時代末期~江戸時代頃に定着したと考えられています。江戸時代に入ると、現在のような豪華な装飾を施した看板が次々に誕生しましたが、あまりにもお金をかけすぎるために一時期は幕府が「看板は木地に墨書き、金具は銅製に限る」という禁令を公布するほどだったといわれています。

明治時代以降の看板について

産業革命により、布や板だけでなく様々な素材が使用されるようになりました。さらに印刷技術も発達により、文字のスタイルを変えたり、目的に合わせて色彩やライトなども導入しながら、現在のような多種多様な看板が制作されてきたのです。デザインを凝るのはもちろん、最近では耐久性や使いやすさなども求められています。

特注サイトも対応。LED使用のチャンネル文字なら当店へ

エコサインストアでは、お客様の看板がより目立つようにサポートしてくれる、明るいLEDパネルやスタンド式看板を販売しています。LEDは発光効率に優れているだけでなく寿命も長く、従来の照明と比べ消費電力も抑えられます。飲食店や商業施設、展示会などでも活用されています。
人気を集めているLEDを使用したチャンネル文字も、大型文字から小型文字まで対応可能です。チャンネル文字を活用する事で、立体感が生まれ、見た人によりインパクトを与える事ができます。特注サイズもお気軽にお問い合わせください。お客様の想像をカタチにして効率よく表現できるようにしっかりとサポート致します。

コンテンツ一覧

  1. 01.防水屋外用LEDパネル看板で宣伝効果を上げるには
  2. 02.LEDパネルに使用されるバックライトフィルムとは?
  3. 03.人気のバックライトパネルを使用したLEDパネル看板で集客効果を高める
  4. 04.LED看板で集客アップを狙おう
  5. 05.チャンネル文字やLEDパネルまでの看板の歴史
  6. 06.屋内、屋外にも防水LEDパネルの特徴
  7. 07.LEDの基礎知識
  8. 08.バックライトパネルに印刷したいデータのファイル形式
  9. 09.次世代照明として注目の高い「LEDパネル」のススメ
  10. 10.LED看板のチャンネル文字は書体の印象を考えよう
  11. 11.色が与える影響を知りLEDパネルを上手く使おう