人気のバックライトパネルを使用したLEDパネル看板で集客効果を高める

せっかくバックライトパネルなどを用いて看板を作っても、効果がなければ意味がありません。良い看板であるためにもいくつかのポイントがあります。ポイントを抑える事で、集客効果の望める良い看板を作る事ができます。

サインと呼ばれるもの

店舗やビルなどの施設などの入り口にある看板の事を、看板業界では「サイン」と呼び、トイレの入り口などにある男女を指した図形マークの事を「ピクトサイン」といいます。トイレのマークは見て一瞬で男子トイレと女子トイレの判断がつくため、ピクトサインの良い例です。最近では見逃してしまわないように、バックライトパネルを用いたピクトサインも出てきています。

看板の必要性

看板はそのお店がやっている「商品やサービスを早く的確に多くのお客様に伝える」事がとても大切です。商品やサービス・技術をお客様に販売するお手伝いをするのが、お店などに設置する看板の役割といいます。広告宣伝による消費者の心理プロセスには「AIDMAの法則」というものがあり、「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の事を指しています。目に留まり、興味を引き、購買行動までの結果を生まない看板はほとんど意味がありません。

目標・目的を絞る

良い看板というのは、見た人がすぐに「何を売りたいのか」「何を伝えたいのか」を理解できる看板の事を指します。良い看板を作るには載せる情報を絞る事が重要です。看板を作る際、宣伝したい事・売りたいものなど山ほど出てくるでしょう。しかし、良い看板を作る上で重要なのは情報量を少なくして、印象に残る・記憶されるような看板にする事です。情報量の多い看板は車などに乗って見ても何の看板だったかよく分からなくなってしまいます。そうなってしまわないように、情報量を厳選し、伝えたい事をすぐに理解できて、記憶に残るような看板にしましょう。

飲食店や展示会におすすめの防水タイプバックライトパネルなら当店へ

バックライトパネルを用いた看板は人の目に留まりやすく、ハッキリ読みやすいというメリットがあります。光源にLEDを使う事で暗い所での効果は大きくなります。エコサインストアのバックライトパネルは看板だけでなく、写真の展示会などでもご利用いただけます。防水タイプのバックライトパネルもご用意しております。レンタルのご相談や通販のご相談もお気軽にお問い合わせください。

コンテンツ一覧

  1. 01.防水屋外用LEDパネル看板で宣伝効果を上げるには
  2. 02.LEDパネルに使用されるバックライトフィルムとは?
  3. 03.人気のバックライトパネルを使用したLEDパネル看板で集客効果を高める
  4. 04.LED看板で集客アップを狙おう
  5. 05.チャンネル文字やLEDパネルまでの看板の歴史
  6. 06.屋内、屋外にも防水LEDパネルの特徴
  7. 07.LEDの基礎知識
  8. 08.バックライトパネルに印刷したいデータのファイル形式
  9. 09.次世代照明として注目の高い「LEDパネル」のススメ
  10. 10.LED看板のチャンネル文字は書体の印象を考えよう
  11. 11.色が与える影響を知りLEDパネルを上手く使おう