LED看板・LEDパネル技術パラメータ情報

LED看板・LEDパネルにおける重要部品のLEDの光度、色度、波長、色温度の主な技術パラメータ。ここでは、これらのパラメータについて簡単に紹介します。

光強度(LuminousIntensity、IV)
光強度は、ろうそくの単位立体角の単位(カンデラ、CD)によって放出された光束として定義されています。一般的には、単位立体角あたりの特定の方向の光強度と呼ばれ放出される可視放射強度の光束によって放出された異なる強度の異なる方向に光源。

クロマ(Chromaticity)
照明学会(CIE)の標準観察者の視覚的な実験では、視覚に起因する放射の異なる波長に対する人間の目に従って定量するカラーの説明に、人間の目の色の知覚は複雑なプロセスであること、計算された赤、緑、青のカラーマッチング機能を記録する(X(()、Y(()、およびz(())、カラーマッチング機能に応じながら、いわゆるCIE1931ColorMatchingFunctionを得た後、数学的変換後のその後の開発色メトリックの定義は、それが可能な色の使用を記述できるようになりました。

CIE1931等色関数によると、XYZの翻訳の可視光に対する人間の目のスティミュラス値は、この統一基準を通して、色の説明は次のようになり、次の式のx、yの値、すなわちCIE1931(x、y)の色度座標、によって得られる定量化し、制御します。
X、Y:CIE1931色度座標値(ChromaticityCoordinates)

しかし、色ムラで構成色度座標(x、y)のドメインが、なるように色収差が示されている定量化することは難しいので、CIE1931色度座標は、1976年にCIE色に変換され、色域の形成が近くにあるので、均等色空間は、色の違いがCIE1976UCS(UniformChromaticityScale)色度座標は、(U ‘、V’)は、次式に示すように定量化することができる:

ドミナント波長(λD)
また、それらの色を表現する方法の一つで、色度座標(x、y)を、測定しようとする部分CIE色度座標上のマーク(下図を参照)、リンクE光源の色度点(クロマ点と座標(x、y)=(0.333,0.333))、リンクの線を延長し、スペクトル軌跡(馬蹄)でこの延長線は、テストされる部材の主波長と呼ばれる波長値を交差している。

白色LEDは、そのようなやり方ではないが、そのような標識方法、異なる色度点の複数を表す同一の主波長は、検体のメンバーの色度点のスペクトル軌跡の近くに、より重要なのために使用されていることに留意すべきで提供その色特性を記述する。

純度(Purity)
補助の説明の色は、パーセンテージで、主波長の中で述べたが、色度座標の座標の直線距離として定義され、スペクトル軌跡の検体部材の主波長の色(SpectralLocus)A〜Eの光源を持つ検体メンバー光のEが主波長に対してより適切な座標距離の程度の割合が、純度が高いほど、主波長分光色度は、テスト中のメンバーの代表座標、検体のメンバーのより高い純度で、その色の特性を記述するには、すなわちLED例です。

色温度(ColorTemperature)
標準の黒体(BlackBodyRadiator)絶対温度放射エネルギー分布と放射エネルギー分布の光源の温度計に対応する絶対同じ光源色黒体放射クロマ光源色度この温度は、色温度(色温度)と呼ばれ、プランク軌跡(PlanckianLocus)と呼ばれる色度図における黒体放射提示クロミナンス著しい曲線の各温度で。高い黒の標準温度や、その他の赤刺激成分も相対的に小さく、人間の目の青い刺激上の光線の放射。
しかし、実際の測定では、全く光源は換言すれば、被測定光源は、色が通常プランク軌跡に落ちない、黒体放射のエネルギー分布と同じではありません。通常、CIE1960UCS(u、v)の色、光源(CCT CorrelatedColorTemperature)の相関色温度として定義されている黒体温度のこの時点では、被測定光源の色度座標の座標ポイント計算にプランク軌跡に最も近い色差との程度のグラフは、△のUVを説明する。
LEDの測定に基づいて、ときに注意すべきで、これはプランクトラックの近くに光源色度のために意味のある側の道ですが懸念している、唯一の白色LEDの色の記述に適用されます。

コメントを残す